読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むもの、あります。

読んだ本を主にご紹介します。気が向いたら、他にも何かしらご紹介します。

「正しいお金の教養」って何だ?お金にまつわる本、4冊をご紹介。

こんにちは。

 

お金にまつわる本、皆様読まれますか?私は、ときどき読みます。ただし、信頼する本はその全てではありません。

今までに何冊か、お金にまつわる本を読んできました。今回はその中から、「何がしかの収穫はあった」と思えて手元に置いている4冊を簡単にご紹介します。

 

 

1.『お金の教養―みんなが知らないお金の「仕組み」』(泉正人:著)

  

お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」

お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」

 

 

お金について初めてしっかり学んだ本。
ここに書かれていることで今実践していることは少ないですが、お金の堅実な使い方について学べた気がします。

私はこの本を読んで、「浪費」と「投資」の違いを知りました。
そこから、「自分の納得する使い方であれば、それは浪費ではない」という自分なりの考えを持つに至りました。

今となっては少し古い本かもしれませんが、一読の価値はあると思います。

 

 

2.『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(西原理恵子:著)

 

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

 

 

「お金がないといかに大変なことになるか」を追体験できる本。
文章がとても読みやすいです。そしてリアルにひしひしと伝わってくる、西原さんの生の言葉。
子どもにもおすすめ。

たぶんこの本を読んでから、「自分が生きていけるくらいのお金は自分で稼ぎたい」という気持ちが強まった。
なので正直今も、なかなかフルで働けない自分が歯がゆいです。

 

 

3.『正しい家計管理』(林總:著)

 

正しい家計管理

正しい家計管理

 

 

この本が、今の自分の家計管理の基礎になっています。
本の造りからして好き。装丁(帯も含めたデザインや色のバランス)、持ったときの手触りや重みなど、読んでいて気持ちが良い本です。
ただ、わりと読みやすい本なのだけれど、実践するのはなかなか難しい。紹介されている手順がややこしいためだと思われます。三回は通読したけれど、やっぱり全部は理解できていない……

ひとつ、これだけは覚えておこうと思ったのが、「自分や家族にとって価値のあるお金の使い方は何か?」ということをじっくり考える習慣。
これはいったん決めたらずっと続くものではなく、生き方や生活の変化に伴い修正を求められるものです。
一生お金のことを考え続けて生きるのはいやだ!という方もいらっしゃると思いますが、自分が何にお金をさきたくて何に使いたくないのかを知ると、金額だけを見て「使いすぎた……」と落ち込むことが減るので、意外とメンタルに良い影響があったりします。

 

 

4.『働く君に伝えたい 「お金」の教養』(出口治明:著)

 

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

 

読むと目から鱗が落ちまくる本。基礎からお金について学べます。
むやみやたらと貯金することが正解ではないこと、「ケチ」と「倹約」は違うこと(出口さんは倹約を『賢約』と仰っています)。
そして何よりも、今の高齢世代と若い世代とでは、生きている時代背景が全く異なるということ。

若い人が読むと少しでも安心できるのではないでしょうか。私は20代ではないけれど、この本を読んで良かったと思っています。

出口治明さんの著書は読みやすく中身のきちんとしたものが多いので、最近わりとよく読んでいます。
この本はまだ途中までしか読んでいないので、少しずつでも最後まできちんと読み通したい。すごく勉強になります。

 

 

これらの本で、矛盾する考え方、相容れない考え方はもちろんあります。
でも、お金にまつわるものだけでなく何でも、本を読んで何を吸収し、自分の人生にどう生かしていくかは個々人によります。私はこの4冊から、自分なりのお金に対する姿勢を作りました。
もちろんそれは不変のものではない。社会情勢の変化などによっても変わります。
ただ、私は思うのです。「本はやはり学びをくれる」と。だからこそ私は、本を読むことが好きなのだと思います。

 

ただ、私が焦ってしまうことがあります。
それは、最近の本にはよく「女性でも、結婚した後も自分の生きるお金は自分で稼ぐ方が良い」という内容が書かれていて、でも私は病気のこともあってなかなかフルでは働けなくて。
そういうときどうしたら良いのか?ということに対する答えが、どの本にも載っていないのです。

「専業主婦は今や贅沢な立場である」と書かれていても、「ならば(さまざまな事情により働けない)主婦が自ら稼ぐためにはどうしたら良いのか?」ということに対する明確な答えは書かれていない。
これはアンフェアではないかと感じる自分がいます。

事情があって働けない。だけれど働きたい。
この問いに真摯に答えてくれる本はないものでしょうか(怪しげな一攫千金を狙う本や自己啓発本ではなく)。

 

 

最後は愚痴みたいになりましたが。

ではでは、今回はこの辺りで。

主婦の「自分はどこに所属しているの?」という、社会とのつながりに関する不安。本の感想も含めてつらつらと書く。※追記あり。

こんにちは。

どうもここのところ、人生の迷い路に迷い込んだみたいな感じで生きております。
主に、自分の働き方への不安から生じたものなのですが。
こういうとき私は、本を読み込んで解決策を見つけたくなる。

でも今回の場合、「主婦の社会的つながりの希薄性への不安」「主婦は社会の何に所属しているのか」、このようなテーマで読みたいのであって、だがこういう本が本当にあるのか探しきれていない。それはこれからもう少し探していくつもりです。

 

さて、今日は本当のところ、「『忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法』(山口朋子さん著)の感想。特にアフィリエイトの項目について書くよ!」というタイトルで記事を書くつもりだった。
まあ実際、この本については書きたいことが大方まとまっているので、書くことにする。
ただし、寄り道をはさみながら書くかもしれない。

 

さて改めて、前々回の記事での予告内容から変わって、ヤフオク!やメルカリ、フリル等のネットオークション、フリマアプリ系の本について書く。
と言っても、細かい方法についての実用書はメルカリのものしか読んでいないのだが……(その本のことは今後書くかも、書かないかも?くらいにあやふやなので、ご期待なさらない方が吉……この管理人、気まぐれなので)

(しかしなぜに、システムがよく似ているメルカリとフリルとで認知度がこうまで異なるのだろうか?もしかしてメディアへの広告・売り込み費用の差とか?)

 

今回読んだのは、『忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法』、山口朋子さんによる書籍。

 

忙しい主婦でもできる!  スマホで月8万円を得る方法

忙しい主婦でもできる! スマホで月8万円を得る方法

 

 まず最初に、星付け評価をするなら、五つ星のうち二つ星ほどだと申し述べておく。

★★☆☆☆

↑こんな感じです。

自分の中でこの本の評価は高くはない。なので、辛口な感想が出てきます。それでもいいという方、この先も読んでいただけると幸いです。
それはいやだ!という方は……ご覧にならない方が良いかと思われます。

 

では、具体的な感想に行ってみよう。

 

目次は以下の通り。

はじめに 皆さん、それってお金になりますよ!
1 ネット上のフリマ「メルカリ」で家の中の不用品を売る!
2 高単価で不用品を売りたいなら「ヤフオク!」
3 趣味の「手づくり品」をサイトで売る!
4 「アフィリエイト」のモニターで報酬を得る!
5 イラストや写真など、「自分の特技」をお金に換える!
6 ブログやSNSで集客して「おうちサロン」を始める!
おわりに ママが経済的に自立し、やりがいを見つけると、子どもたちもイキイキする!

 この本の大まかな感想を先に書く。

要するにこの本は、主婦向けの自己啓発本なのだなあと感じた。主婦が夢を見られる本というか(多くの自己啓発本と同じく、実現するのは実は難しいという系列)。
私自身は自己啓発本が好きではないので、そういう「におい」は敏感に嗅ぎ取ってしまう……良くも悪くも。
過去に、自己啓発本を少しばかりかじったことがあるので、その嗅覚が発達したのかもしれない。

 

まあ、これだけだとなんのこっちゃなので、もう少し細かく書きます。

 

全体を通して思ったこと。

  • いろいろな方法で月10〜15万円儲けている方の体験談が「ごく普通のこと」のように載っているけれど、それが普通だと思わない方が無難。というかそこまで儲けるのは通常は無理だと思った方が良い(何かを犠牲にしているはず、時間とか)。私も手作り品の販売以外はいろいろ試したので、その難しさは痛感しています。
  • ブログのアフィリエイトで稼ぐのはかなりしんどいし、そもそものアクセスを稼ごうと思うと検索サイトへのSEO対策が必要になるため、相当な勉強が必要になります。ものすごく、時間とお金をつぎ込んで勉強しなければならない。
  • 素人が口コミサイトで有名になるためには?それもとても大変。口コミサイトの多さは、実際にいくつか「○○ 口コミ」等のキーワードで検索してみれば分かる。デザイン的にも儲け目当て的にも作り込まれたサイトが多い。「素人の正直な口コミ」サイトが上部に表示されることの方が少ない、その中でトップに表示されようと思うと……?相当大変だということが実感していただけるかもしれない。

そして、「これはちょっと危険!」と思った「稼ぎ方」も書かれていたので、それについても書く。

  • アフィリエイト報酬を自ら得る方法(セルフバックとか)は、気楽に申し込むと後々の勧誘がとてもきつい。おそらく、申し込む前の想像以上にきつい。経験談を書くと、以前、結婚相談所の無料相談にごく気軽に申し込んで、電話でまで勧誘が来てうんざりして以来、勧誘の激しそうな報酬系には申し込まないことに決めている。一時的な収入やポイントより、自分の限られた時間とメンタルの安定度を重視した結果。
  • 化粧品も、「無料サンプルを使えば無料で化粧品を調達できますよ」的なことが書かれていたけれど、様々なサンプルを試す方が楽しいという人と、「これ!」と決めたらそれを使い続けるのが合っている人とに分かれると思う(私は後者)。化粧品にしても食べ物にしても、「試す」というのは、「自分の体を使った実験」と同じこと。食べるもので自分の体は作られているのだということを実感して以来、そのとき食べたいものに、より注意をはらうようになった。(←余談だがここらへんは『暮しの手帖』と価値観が合うかもしれない……丁寧に日々を生きる、みたいな。暮しの手帖はそこまで好きではないのだけれど)何を大切にするか、人によっておそらく価値観は異なるだろう。

 

ちょっと脱線。

上記の項目を書いてふと思い出したことがある。ツイッターでツイートしていたのでそれを貼り付けることにする。

 なぜこんなツイートをしたかというと、とある「食」に関する対談を読んで、私自身が様々な食べ方で自分の体について学んできたなあと思ったから。

具体的に書くと、

  • もともとトイレは近いが、お茶やコーヒー、スポーツドリンクを飲むよりお白湯を飲んだ方がトイレに行く回数が減る。そして喉の渇きも不思議と癒える。
  • お白湯は合っているが、若干冷たい水を飲み続けると体がものすごく冷える。芯から冷えるレベル、夏でも震えが止まらない。
  • 「日本人にはお米が合っている」という論調をいたるところで見かけてきたが、私自身はお米のご飯をよく食べると太る。パンを満腹になるまで食べる方が太らない。私の体はどうやらパンを主食にしているらしい……
  • 自分に足りない栄養素とか食べ物とかがあると、そのうち自然とそれを無性に食べたくなる。体が欲しい欲しいと訴えかけてくるというか。「ああ、お野菜食べたい」「お魚食べたい」という風に。そういうとき、その欲求に沿ったものを食べると心も満たされるし、体調がとてもおかしくなったりはしない。
  • 人によって体重の増え方は様々。今思えば昔、過食症になりかけていた時期があったのだけれど、そのときも不思議と体重の激しい変動はなかった。私の体は「一時に10kg増える」という増え方はしないらしい。
  • 「最近食べすぎている」、逆に「最近食が細い……」、こういうとき、すぐに肉が増えたり落ちたりするわけではない。1~2週間後、遅ければ1ヶ月後ぐらいにそのときの食べ方の影響が出てくる。

ちなみに、私は体重計を持っていません。というのは、体への肉のつき方で痩せた・太ったを判断しているから。服を着た感じ、自分の手で触ってみた感じで分かる。
他にも、「ヨーグルトへのトッピング、オールブランだと便秘になるがフルグラだと便通が良くなる」みたいなこともありますが、これぐらいにとどめておこう。

自分の体を観察するといろいろなことが見えてきて面白いですよ。

 

 

さて、この記事の一番上に書いた、「主婦の社会的つながりの希薄性への不安」「主婦は社会の何に所属しているのか」について知りたい欲。

以前、こんなツイートもしました。

 たしかに、家事をするのも立派な仕事だと思う。
ただ、「社会とのつながりはあるのか?」という点に関してはまだよく分かっていない。まだ新米主婦だから仕方がないかもしれないけれど。

個人的な話だけれど、「家族こそが最も社会と繋がる所属」といったことを言ってくれた知り合いがいます。そうなのかもしれないなあ……

まあ、これに関しては、もう少し時間をかけて迫っていく必要があるだろう。

 

そういえばもう一つ思い出したこと、

皆さんはヤフオク!で社会的つながりを感じたことはありますか?

私は一切ない。

『忙しい主婦でもできる~』を読んでいると出てきたのが、ヤフオク!(昔はYahoo!オークション)で社会とのつながりを感じられた、救われたという専業主婦の方のお話。
私はこれを読んだとき「おいおいマジか!?」と仰天したのだけれど。ネット上のつながりって儚いというか、結局実体がつながることは少ないから。
実際に会って触れて、お互いの温かさを感じることって貴重なことなのだと思う。

でも少しうなずけたのが、私も過去、mixiとかで社会とのつながりをようよう保っていた感覚があったので(その頃は病気がひどくてほぼ引きこもりだった)、ネットでのつながりであれ、人は人とつながりたい生き物なのかもしれないと。

 

そして私がなんでこんなに社会とのつながりや所属にこだわるのか?というのは、「自分で自分を養えるだけのお給料を自分で稼ぎたい」という切実な思いがあるから。
今の自分は結婚して旦那さんにおんぶにだっこで甘えている状況なので、「何かあったときこのままでは危ない」という危機意識がある。まあ、体調とか振り返ると、まだまだフルでアルバイトを入れることすら難しいのですが……(今は週一のアルバイトをしています)

旦那さんが言ってくれた、「今は、今任されている仕事を全力で頑張れ」という言葉を胸に、どうにか生きていこう。
私はほんとに手のつけようがないほど甘ちゃんですが、ときどき打たれて凹んだりもしながら経験を積んで生きていこうと思います。

 

なんだかまとまりのない記事になりました。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

ではでは。

 

 

2017年2月11日追記。

そういえば以前、こんな記事も書いたのでした。

pinopino-cha.hatenablog.com

この記事で、フリマアプリは苦手って書いてますね(^_^;)

実際、メルカリを出品で一瞬使ってみたことがあるのだけれど、ヤフオク!と違って、終了日時が確定していないことが自分にとってけっこうストレスになるみたいで。
やっぱり、ヤフオク!の方が性に合います。

『忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法』にもヤフオク!のことは書かれているのですが、著者の山口朋子さんのご経験が昔のことであるためか今ではかなり取引方法が異なっているので(特にスマホアプリを使用した場合)、あまりあてにならないと思いました。
ヤフオク!もフリマ機能が付いたため、フリマとして使うと今はけっこうメルカリと同じような感じです。メルカリやフリルのような、極端な「女性向け!」という雰囲気ではない気がしますが……でも私はそこが好き。

ということで、追記でした。

 

忙しい主婦でもできる!  スマホで月8万円を得る方法

忙しい主婦でもできる! スマホで月8万円を得る方法

 

 

Windows10のiTunesでiPhoneが認識されないのでググってみた。※追記あり。

こんにちは。

約1ヶ月ぶりか……更新が遅れてすみません。ちょっと体調とか時間とかいろいろな制約がありまして。

 

さて、今回は、前回の記事で予告したのとは異なる内容で記事を書きます。
他にも下書きは書き溜めつつあるのですけれどね……なかなか清書&アップできずにいます。

 

 

今回のテーマは、「Windows10にiPhoneをUSB接続してもiTunesに認識されない」問題。
iPhoneiTunesの音楽を取り込みたいのに認識してくれない、なぜに?と思ったので、ググってみたところ、お役立ちな記事がありましたよ。
情報の取捨選択のひとつとして読んでいただければ幸いです。

 

 

とりあえず検索してみて、最初にヒットしたというか行き着いたのはこのページ。
Appleの公式ヘルプでは解決できませんでした。

labo.dotsmart.biz

ただ、私の場合、この記事に書かれているようにドライバーフォルダを検索してもヒットしませんでした。
64bitでも32bitでもだめ。
詰んだ。

 

 

ということで、再びググってみました。今度は、「Apple Mobile Device USB Driver」というワードをメインに検索。
そして行き着いたのがこのページです。

webtrace-cuisine.com

要するに、私の場合、Windows10のメイン使用(されているらしい)フォルダに、iPhoneiTunesで認識するためのドライバー(ドライバーフォルダ)自体が存在しなかったのですね。
なので、メイン使用しているのとは異なるフォルダからドライバーフォルダ(この中にはドライバーが存在します)をコピーして、メイン使用フォルダにそれをペーストして、コピペされたフォルダ内のドライバーを更新して初めて、iTunesiPhoneを認識するようになったということです。

 

2017年2月5日追記。

もう少し詳しく書くと、メイン使用フォルダにはもともと、iPhoneを「iTunesで、iPhoneとして」認識するためのドライバーが存在しない。そのドライバーを異なるフォルダ(フォルダ自体の名前はよく似ているのでややこしいんです)からコピペして持ってこないと、iPhoneiPhoneとしてiTunesで認識されることができない。

iPhoneをパソコンにつなぐと、パソコンはいちおうデバイスとして認識はしてくれますが、iPhoneとしては認識されていない。

という感じでしょうか……

 

……「要するに」と書いておきながら、自分でも読んでみて「ややこしいな!!」と思ったので(でもうまいこと書けない……)、詳しくは上記でご紹介した記事をご参照いただければと。
Windows XPから自分のパソコンを所有し始めて、それ以来Windowsのそこそこ深いところの操作って慣れていたつもりなのですが、改めて奥が深いな~と思った次第でした。

 

 

ちなみに、これは余談ですが。

パソコンとiPhoneをUSBケーブル接続した後、iPhoneのホームボタンを押して電源を入れると、「このデバイスを信頼しますか?」といった感じの問いかけがiPhoneの画面に出てきます。
このとき「信頼する」を選択する必要があります。

最初、iPhoneのホームボタンを押すのをうっかり忘れていたので、いつまでたっても認識しませんでした……
以前はそんなことをしなくても自動で認識していた記憶があるので、謎の改変です……

 

 

ということで、今回も備忘録的な記事でした。
どなたかのお役に立てれば幸いです。

ではでは~。