読むもの、あります。

読んだ本を主にご紹介します。気が向いたら、他にも何かしらご紹介します。

オークション出品経験済みの私が、Amazonで古本を出品して売ることを考えてみた。

こんにちは。

 

唐突だが本を売りたいのである。


「これはオークションに出してもきっと売れるに違いない!」という不要な本も持っているのだけれど、そうではないフツーの本、言ってしまえばあまり需要のない目立たない本というものも持っているのです。
そしてそういうものはオークションに出しても入札どころか見てもらえすらされないことが多々あるので(経験あり)、ブックオフみたいなところに売るしかないか……と思っていた。

 

が、そこで思い出した。
「前に買った本(※)に載ってたわ、『Amazonだとオークションよりさらに高値で売れる』って……!」と。

 

※この本は以下のものです。
どこかで見かけたブログに載っていて、イチかバチかで買ってみたら案外まともだったという。
表紙とかタイトルとかけっこうすごいですが、中身は普通に役立ちそうな本なので、そこそこおすすめ。ただし情報は2016年今現在だと少し古い。

人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳  (青春文庫 い- 19)

人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳 (青春文庫 い- 19)

 

 

 

それで、「Amazonで売ってみるのもありかな~面倒くさいけど」と思って、検索してみました。
そこでヒットした……というか、見つけたのがこの記事。

www.stay-minimal.com

 

世の中、フリマアプリも大盛況ですが、私は苦手です。

blog.nzakr.com

フリマアプリは女子向け過ぎてよくわからんので

ほんまそれっすわ……

 

あと、こんな記事も見つけた。

sanroku-go.com

 ほんとにね。店舗名って重要ですよね……

 

これらの記事が参考になりました。
まだAmazon出品はしていないけれど。

 

というのも、オークションと違って、Amazonで本を売るというのは、私にとって
「より商売に近い」
からなんです。

商売なら、よりきちんとしなければならない(『オークションではテキトーに』という意味ではありません)。
梱包とか、発送とか。
本当にきちんとしなければならない。

そのプレッシャーがとても大きい。

なので、Amazon出品するかどうかは、もうちょっとよく考えてみます。

 

今回の記事は、わりと個人的な備忘録的に書きました。
私個人のみならず、この記事を読んでくださったどなたかのお役に立てれば幸いです。
ではでは、今回はこの辺りで。