読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むもの、あります。

読んだ本を主にご紹介します。気が向いたら、他にも何かしらご紹介します。

Windows10のiTunesでiPhoneが認識されないのでググってみた。※追記あり。

こんにちは。

約1ヶ月ぶりか……更新が遅れてすみません。ちょっと体調とか時間とかいろいろな制約がありまして。

 

さて、今回は、前回の記事で予告したのとは異なる内容で記事を書きます。
他にも下書きは書き溜めつつあるのですけれどね……なかなか清書&アップできずにいます。

 

 

今回のテーマは、「Windows10にiPhoneをUSB接続してもiTunesに認識されない」問題。
iPhoneiTunesの音楽を取り込みたいのに認識してくれない、なぜに?と思ったので、ググってみたところ、お役立ちな記事がありましたよ。
情報の取捨選択のひとつとして読んでいただければ幸いです。

 

 

とりあえず検索してみて、最初にヒットしたというか行き着いたのはこのページ。
Appleの公式ヘルプでは解決できませんでした。

labo.dotsmart.biz

ただ、私の場合、この記事に書かれているようにドライバーフォルダを検索してもヒットしませんでした。
64bitでも32bitでもだめ。
詰んだ。

 

 

ということで、再びググってみました。今度は、「Apple Mobile Device USB Driver」というワードをメインに検索。
そして行き着いたのがこのページです。

webtrace-cuisine.com

要するに、私の場合、Windows10のメイン使用(されているらしい)フォルダに、iPhoneiTunesで認識するためのドライバー(ドライバーフォルダ)自体が存在しなかったのですね。
なので、メイン使用しているのとは異なるフォルダからドライバーフォルダ(この中にはドライバーが存在します)をコピーして、メイン使用フォルダにそれをペーストして、コピペされたフォルダ内のドライバーを更新して初めて、iTunesiPhoneを認識するようになったということです。

 

2017年2月5日追記。

もう少し詳しく書くと、メイン使用フォルダにはもともと、iPhoneを「iTunesで、iPhoneとして」認識するためのドライバーが存在しない。そのドライバーを異なるフォルダ(フォルダ自体の名前はよく似ているのでややこしいんです)からコピペして持ってこないと、iPhoneiPhoneとしてiTunesで認識されることができない。

iPhoneをパソコンにつなぐと、パソコンはいちおうデバイスとして認識はしてくれますが、iPhoneとしては認識されていない。

という感じでしょうか……

 

……「要するに」と書いておきながら、自分でも読んでみて「ややこしいな!!」と思ったので(でもうまいこと書けない……)、詳しくは上記でご紹介した記事をご参照いただければと。
Windows XPから自分のパソコンを所有し始めて、それ以来Windowsのそこそこ深いところの操作って慣れていたつもりなのですが、改めて奥が深いな~と思った次第でした。

 

 

ちなみに、これは余談ですが。

パソコンとiPhoneをUSBケーブル接続した後、iPhoneのホームボタンを押して電源を入れると、「このデバイスを信頼しますか?」といった感じの問いかけがiPhoneの画面に出てきます。
このとき「信頼する」を選択する必要があります。

最初、iPhoneのホームボタンを押すのをうっかり忘れていたので、いつまでたっても認識しませんでした……
以前はそんなことをしなくても自動で認識していた記憶があるので、謎の改変です……

 

 

ということで、今回も備忘録的な記事でした。
どなたかのお役に立てれば幸いです。

ではでは~。