読むもの、あります。

読んだ本を主にご紹介します。気が向いたら、他にも何かしらご紹介します。

ブルーライトカットフィルムとキーボードカバー。長時間のパソコンタイピング作業に効果あり!

こんにちは。お久しぶりです。

ここのところ、体調が良い日と悪い日の差が激しいのですが、毎年3月から4月にかけて恒例のことなので、できるときにできることをしています。

 

 

さて。

最近、クラウドソーシングでお仕事をぼちぼち探すようになりまして。
私が利用しているのは、クラウドワークスさんです。

crowdworks.jp

ここでのお仕事の探し方・働き方は、また機会があれば書きます。
もう一つの大手であるランサーズも気になるんだけど、登録してないんだよな……

 

 

今回は、クラウドソーシングで働く上である意味必須な、長時間のパソコン作業を快適にするためのアイテムをご紹介します。

使っている人は使っているが、そうでない人も多いという、重箱の隅をつつくようなアイテムたちですね。

 

 

ブルーライトカットフィルムで目の負担を軽減!

ブルーライトカットは目の疲れを軽減するために必須!

私が今使っているパソコンは、富士通のLIFEBOOK。真っ赤っかーやで。

 

 

以前使っていたLenovoThinkPadと違って、画面が反射します。
そして画面の輝きが想像以上にきつく、長時間作業していると目の疲れがハンパなかった。

Androidスマホに変えたときも同様で、画面が精細すぎてものすごく目が疲れたんですよ。それですぐに、ブルーライトカットアプリを導入して、そうすると目の疲れ具合が全く違う。とても楽になりました。

「パソコンでもそういうアプリはないかな?」と思って探したけれど、どうやらない模様。

ということで、「ブルーライトカットフィルムを購入しよう!」ということになりました。

どれにすればいい?

検索してみると、どうやらエレコムさんがブルーライトカットフィルムを発売しているらしい。
Amazonでも探してみたところ、これを見つけました。

 

 

これは、画面が反射こそしますが、ブルーライトをきちんとカットしてくれるというフィルム。
購入して、実際に貼り付けてみたところ、気泡は残りましたが、画面ぴったりの大きさできちんと貼れました。
気泡が残っても、パソコンを起動させているときだと画面が光っているため、あまり気になりません。

そして期待通り、目の疲れが軽減したようです!
パソコンの画面を見て目薬をさしたり、肩が凝って疲れたりの度合いが減りました。

長時間の作業には便利なブルーライトカットフィルム。おすすめです。

 

ついでに言うと、目の疲れにはこの目薬が異様に効きます。

 

【第2類医薬品】ロートアイストレッチ 12mL

【第2類医薬品】ロートアイストレッチ 12mL

 

 

 

 キーボードカバーでキーの重さを調節!

軽くても重くても打ちにくい、キーボード。

前述の通り、私は富士通のLIFEBOOKを使用しています。

このパソコン、キーボードがちょっと軽すぎるんです。そしてキーの表面がつるつるしていて指が滑りやすい。
タイピングを速く正確に行うには少し不向き……

なので、キーボードカバーを付けてみることにしました。

最初に試したのは、切り貼り式の平らなシート。

家電量販店で現物を見て、ものすごく悩んで、結局最初に購入したのは、平らなシート状のキーボードカバーでした。

 

エレコム キーボードカバー フリータイプ 大型ノートサイズ PKU-FREE4

エレコム キーボードカバー フリータイプ 大型ノートサイズ PKU-FREE4

 

 

これ、本当にペラッペラのシートで、はさみなどでカットしてキーボードの大きさに合わせます。
カットするときには、台紙にマス目が書かれているので、キーボード板の大きさに合わせてマス目に沿って切るだけです。

実際私も、キーボード板全体の大きさに合わせてカットして乗せてみたのですが(貼り付けるというより乗せるという言葉の方が合っている気がする)、どうも……しっくりこない。
すぐにずれるし、スピーカーを覆うと音がこもってしまう。
オンキヨーさんのスピーカーが意味ないことに!

それで諦めて、いったんこれは捨てました。

次は正統派のキーボードカバーを選択。

「ペラペラなのがあかんのかな?」と思い、次は、キーボードの形に合わせて成形されているものを選びました。
一般的にキーボードカバーというと、こちらを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

Amazonで購入したのはこれ。

 

 

これはまさに、キーボードにぴったり合うよう成形されています。

使い方は至って簡単、キーボードの上に置くだけです。
ただし上下を間違えると「ほわっ!?」と大変びっくりする羽目に。

意外や意外、キータッチが全然違う……!

最初のキーボードカバーを捨てた後(とはいえゴミ箱にはいちおう残っていた)、しっかりとキーにはまるキーボードカバー「PKB-FMVAH7」を置いてタッチタイピングをしてみると、キーボードが重すぎてタイピングにめっちゃ力がいる……!
カバーを付けているときとないときとで、キータッチが全然違いました。まるで別物。

それで、「この重さではとてもじゃないが長文を打ち込むのは無理」と判断。

しかし丸腰のキーボードでは軽すぎるし、やはり指は滑る。

そこでふと、「まだ、ゴミ出ししてないよな……?」と思い出し、いったん捨てた「PKU-FREE4」を出してきた。
そして、キーボード板より小さめにはさみで適当にカットし、それを乗せた状態で今はタイピングしています。はっきり言って見た目は悪いが、普通に使えるのでどうでもいい。

ちなみにこの「PKU-FREE4」、適当に四つ折りで内側をくっつけて捨てていたのですが、見事に復活しましたw 粘着力も捨てる前と変わっていないという品質の高さ……さすがエレコム……

パソコンの環境を整えると劇的に使いやすくなる!

特にノートパソコンだとキーボードの取り替えが利かないので、タイピングの重さ軽さで悩む方はいらっしゃると思う。
そういうとき、キーボードカバーがあると断然タイピングがはかどります。

そして、ブルーライトで目が疲れやすい方は、ちょっとお値段はするけれど、ブルーライトカットフィルムを貼り付けた方が明らかに作業しやすいです。おそらく無駄な出費にはなりません。

自分にとって快適な環境で、パソコン作業を快適にしましょう。その方が楽しいよ。

はてなブログの記事も書きやすいしね!

 

 

ということで、今回はパソコン関連のグッズ紹介でした。

ではでは!